STRUCTURE

確かな基本構造と品質管理で強固な建物を実現。

劣化を軽減するコンクリート構成
コンクリートは、大気中の炭酸ガスなど腐食性物質の侵入により劣化が進行します。これを防ぐ手段としてコンクリートの単位水量・水セメント比の基準を設定。配合の段階で劣化を軽減する対策を図っています。
強度27N/以上のコンクリート品質
コンクリートの強度はFc27~36N/㎟とし、配合においては水セメント比を50%以下にしています。
コンクリート受入検査
受入検査とはコンクリートの流動性、空気量、塩分量、温度などをチェックするもので、この検査で確認した後、打設されます。
耐久性に配慮した柱かぶり厚
鉄筋の劣化対策として、コンクリート表面から鉄筋までのかぶり厚は建築基準法を上回るものとし、耐久性・耐火性を高めています。
強靭な溶接閉鎖型フープ筋
建物を支える柱に巻く鉄筋には工場で特殊溶接を施し、閉じた形状にしたフープ筋を採用。通常のフック型フープ筋に比べコンクリートを強力に拘束し、優れた耐震性と高い安全性を発揮します。
ボイドスラブ工法
コンクリートスラブにボイドを埋め込み、軽量化を実現したボイドスラブ工法を採用。スラブ厚に十分な厚さを確保し、小梁がないすっきりした空間を実現します。
壁構造
外壁には耐久性を高めるため、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用。外部に接する壁の内部には熱を通しにくい発泡ウレタンを吹き付け、断熱効果を高めています。
耐震スリット
壁などにスリット(隙間)を設け、地震時に柱や梁がある程度自由に運動できるようにして、大きなひび割れ等を起こすのを防ぎます。
優れた耐震性・耐風圧性を発揮する杭基礎
地中深くの支持層に、強固な杭を構築して建物を支えます。優れた耐震性・耐風圧性を発揮する安心の住まいです。支持地盤に対する接地面積を広めることで力強い支持力が得られる拡底杭を採用。
第三者機関による住宅性能評価書を申請
耐震性や耐久性等、建物の基本性能を国土交通大臣登録の第三者機関が評価する住宅性能評価書を申請しております。

SECURITY

優れた防犯性を備え日々の安心をガード。

防犯性に優れたシリンダー錠
5兆5千億通りもの理論違い数を有した、不正解錠や不正複製が極めて困難なクラビス(Clavis)F22シリンダーを採用。キーはリバーシブルで使いやすいスティックタイプのディンプルキーです。
また、容易にスペアキーが作成できないように「ユーザーカード方式」を設け、カード提示がない限りキーの複製ができないシステムを採用。
カラーモニター付インターホン
〈住戸玄関ドア解錠機能付〉
1階集合玄関機と住戸前玄関扉で来訪者をダブルで確認。住戸玄関ドアの解錠もインターホンのボタンで出来ます。インターホンには、録画・録音機能もついており、不在時にも来客の映像を録画できるので安心です。
マグネット防犯センサー
防犯センサーを全住戸玄関ドアに設置しています。防犯設定時、扉がこじ開けられると住戸内インターホン親機のアラームが鳴り、異常を知らせます。
玄関前カメラ付

【耐震防犯仕様の玄関ドア】

防犯サムターン
キーまたはサムターンで一方の電気錠を解錠した場合、25秒以内にもう一方の電気錠を解錠しないと自動的に施錠に戻ります。この機能はピッキング・サムターン回し対策に有効です。
鎌デッド錠
バールこじ開けに強い鎌デッド錠。鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にがっちりとかみ合い、こじ開けにくい構造となっています。
ダブルロック
各住戸の玄関ドアは鍵を2ヶ所で施錠するダブルロックを採用しました。ドアノブはお子さまやご高齢の方にも開けやすいプッシュプルを採用。
耐震ドア
地震によりドア枠が多少変形してもドアが開くよう、ドアとドア枠の間に変形に追随するクリアランスを確保。